フレームワーク営業/人材育成 株式会社ベーシック代表プロフィール 会社概要 サイトマップ English
(株)ベーシック BASIC OFFICIAL SITE – フレームワーク営業/人材育成 田原祐子 弊社はおかげさまで今年創立17周年を迎えました。 お問い合わせ セミナー/研修開催までの流れ
企業を育む ベーシックの人材育成
*フレーム&ワークモジュール®とは? What's the Frame & Work Module®?人材育成・人材開発
F&W-M

フレーム&ワークモジュール® とは、渾沌としている業務を、まず、見える化し、【モジュール化】(=分化)していきます。次に、仕事の流れ(フロー)を業務のモジュールを組み立てて、【フレーム化】します。
こうしてできた仕事のフレームを、【ワーク】(=実践・改善)していきます。
PDCA と改善のサイクルを内包しているため、フレーム&ワークモジュール® は、〝進化し続けるしくみ〟のベースとなります。
  
個人のフレーム&ワークモジュール® Frame & Work Module® for individual

1-F&W構築したフレーム&ワークモジュール® に則り、「何を?」「どう?」を考えながら、実践・改善を繰り返します。成功事例はもちろん、失敗事例からも、「何を?どう?すればよかったのか」を学習し、ナレッジ・ノウハウを蓄積していきます。
つねに、「今よりよくするには、どうすればよいか」という視点で仕事に取り組むため、自然にプラス思考が身につきます。また、実践すればするほど、自転車こぎが上達するように、時間短縮や効率向上していきます。

 
組織のフレーム&ワークモジュール® Frame & Work Module® for organization

all-F&W組織共通のフレーム&ワークモジュール® をもとに、全員で「何を?」「どう?」を考えながら、実践・改善を積み重ねます。
また、成功事例・失敗事例を共有化するための、【ナレッジミーティング(※営業部門では、ナレッジミーティングを「営業戦略会議」として行います。また、医療・介護職ではミニカンファレンスとして行います。)】を行い、実際に行った具体的なケースをもとに、メンバー全員がアイデアを出し合い課題解決に取り組み、ナレッジ・ノウハウを共有・蓄積・活用します。これにより、社内のコミュニケーションが最適化され、風通しのよい組織への社内風土改革にも役立ちます。
共通フレームをもとに、全員が現場で実践したプロセス~結果を共有することは、一人で何人分もの経験を短時間でできる貴重な機会となります。
フレーム&ワークモジュール® 構築のステップ Steps to develop Frame & Work Module®
フレーム&ワークモジュール® は、次の4つのステップで構築します。
FWMstep1-4
マネジメント者のためのフレーム&ワークモジュール® Frame & Work Module® for manager
フレーム&ワークモジュール® を活用すれば、マネジメント は、メンバー全員を共通フレームという、
同じものさしで 指導することが可能になります。
また、「何を?」「どう?」すればよいかという、具体的で効果的な指導が中心となり、マネジメントの品質と内容が均質化できます。
フレーム&ワークモジュール® を活用したマネジメントは、「人は誰でも、必ずできるようになる。
できないのは、知らない、わからないため」という、言わば“性善説的マネジメント”。
今いる人材を、「わかる・できる」ようにシステマティックに教育し、仕事の楽しさを教えながら、即戦力化していきます。
 
” 暗黙知” を、” 形式知化” する、フレーム&ワークモジュール® 
Frame & Work Module® that converts tacit knowledge to explicit knowledge

“暗黙知” とは、思い、熟練、ノウハウなど、言語では語り切れない、主観的、身体的な経験知。
“形式知” とは、明快に言語化、客観化できる理性的な知であり、普遍性を求めていくもの。
論理、問題解決手法、マニュアル、システムで表現できるものです。


バイオリニストが奏でるメロディーは、譜面があれば誰にでも再現でき、練習を積み重ねるほどに、上達していきます。
フレーム&ワークモジュール® は、まさに、この譜面と同じ役割を担っています。
「何を?」「どう?」する、を話し合い、ナレッジミーティングやフレーム&ワークモジュール® カルテで
‘見える化’ されたノウハウは、個人や組織にとって、かけがえのない“知の資産” です。
スモールスタートから、部門間連携、全社展開へ 
Start small, build cross-department collaboration, and deploy company-wide fi nally

フレーム&ワークモジュール® は、例えば、電話応対といった小さな業務や、多くの部門においてもひとつの部門から導入することが可能です。
もちろんいっきに全社展開することも可能です。各業務・各部門のモジュールを組み合わせ、着実にモジュール設計・構築・導入していきます。
人事考課・評価との連携 
Link to employee performance review and evaluation

フレーム&ワークモジュール® による業務の見える化により、必要があれば、モジュールごとの品質やパフォーマンス(成果)の測定が可能になります。人事考課や評価とも、連携が可能です。
お電話・メール・FAXでも、お問い合わせを受け付けております。
ご不明な点やご質問等ございましたら、どうぞご遠慮なくお問い合わせください。
お問い合わせはこちら
MAIL:office@basic7.com
TEL:03-6265-0230 / FAX:050-3730-3779
人材育成・人材開発のご案内

仕事を楽しく効率的にするヒント、営業力アップのポイントなどをお届けします!

(例)鈴木
(例)一郎
メールアドレス

(例)suzuki@example.co.jp
メルマガバックナンバー一覧
実績/お客さまの声

・リフォーム会社
 コンサルティング

・ハウスメーカー
 女性営業研修

実績/お客さまの声
実績/お客さまの声のご紹介
▲このページのトップへ