フレームワーク営業/人材育成 株式会社ベーシック代表プロフィール 会社概要 サイトマップ English
(株)ベーシック BASIC OFFICIAL SITE – フレームワーク営業/人材育成 田原祐子 弊社はおかげさまで今年創立17周年を迎えました。 お問い合わせ セミナー/研修開催までの流れ
ベーシックの営業戦略コンサルティング
* 研修では、なぜ人が育たないのか?営業戦略コンサルティング

新入社員研修、階層別研修、部門別研修など、年間かなりの時間とコストをかけている社内研修。しかし、その成果は、今ひとつあがっていないというのが現実ではないでしょうか?
その理由は、研修が「知識や情報」を教えるものに終始しており、「何を?」「どう?」すればよいかという、仕事そのものに対する、DO-HOW(実践方法)を教えていないためです。また、その前に、仕事自体が、〝見える化〟できていない企業が少なくありません。

知識・情報教示スタイルの研修やOJTによる、人材育成の限界

Limitations of human resources development based on classroom training or on-the-job training (OJT)

企業では、若手から熟年まで、多様な人材が働いていますが、一方で、教育・研修制度については、根本的な見直しが行われていません。実は、従来型の「知識や情報」を教えるスタイルの教育では、人によって理解力・吸収力に差があるため、結果として出せる成果が異なります。「できる人、できない人の差がある」のは、これが理由のひとつです。
さらに、研修後のフォロー教育を現場のOJT に頼ると、今度は、教える側の先輩・上司の指導の個人差がそのまま影響し、「あの先輩からはこう教わったが、この先輩からは聞いていない」というように、ここでも成果に大きな差が生じます。
定着率が以前より低下しており、研修した人材が辞めてしまえば、投入した時間や費用はゼロになってしまうという別の課題もあります。

AI(人工知能)、ビッグデータ時代のビジネススキルは?

With artificial intelligence (AI) and big data technologies spreading in society, what business skills are required?

AI(人工知能)やビッグデータは、近い将来、私たちの仕事を大きく変えていくことは間違いありません。
私たちが、ビッグデータからはじき出された結果をもとに、顧客対応や営業活動を行っていくようになると、
心配なのは「人間が考える力を失ってしまうのではないか」ということ。
「何を?」「どう?」という要素は、まさに、人工知能やビッグデータが、仕事ができる人間のサンプルからノウハウを抽出している動きにも似ています。実のところ、人工知能やビッグデータは、できる人間の「何を?」「どう?」が抽出できなければ、答えを導き出せないのです。

社会人として、仕事のDO-HOW(ドゥハウ)教育は?

Lack of business "do-how" education for workers

仕事の成果をあげるには、「何を?」「どう?」という、仕事そのものの実践方法を教えるべきですが、多く
の企業において重要なこの部分に関する教育は、「見よう見まね」やOJT が大半です。現状で、「知識や情報」を教えた後は、コミュニケーションスキルなどの周辺的な‘テクニック’ を体得する内容や、ロールプレイングなどの実践研修が中心となっており、これでは効果的な教育とは言えません。

課題解決思考と学習効果を促進する、DO-HOW教育

Do-how education promoting problem-solving thinking and learning effect

ぜひ、お勧めしたい教育法は、「何を?」「どう?」を教え、そこから自分の力で考え行動し、検証・改善を重ねるしくみと直結するもの。事例を積み重ねるほどに、「□□のようなケースには、こう対応すればよい」あるいは、「□□のような顧客には、こう対応すればよい」というように、「何を?」「どう?」を基軸とした、基本から応用へと発展する効果的な学習が実現します。
特筆すべきは、成功事例はもちろん、失敗事例からさえも、「何を?どう?すればよかったのか」という学びがあること。自然に、PDCA 思考・課題解決思考が身につき、それが次の行動やケースに活かされていきます。

マネジメントのあるべき姿

What the successful human resource management should be

DO-HOW 教育の必要性は、マネジメント者にも当てはまります。
「管理者とは?」「マネジメントとは?」という知識や情報の研修も必須ですが、部下指導のテクニックを学ぶだけでは、成果があがるマネジメントはできません。「何を?」「どう?」行えばよいかという、言わば、‘仕事に直結した’ DO-HOW を部下に指導することが必須です。
マネジメント者にもまた、具体的に、“部下” の「何を?」「どう?」指導すればよいかを教える、
マネジメント者のためのDO-HOW 教育が必要なのです。

フレーム&ワークモジュール®は、こうした課題を根本的に解決し、

新入社員からトップマネジメント者まですべての階層の人材を、

効果的に教育&マネジメントするためのしくみづくりに必須です。

book
フレームワーク営業のご案内

仕事を楽しく効率的にするヒント、営業力アップのポイントなどをお届けします!

(例)鈴木
(例)一郎
メールアドレス

(例)suzuki@example.co.jp
メルマガバックナンバー一覧
実績/お客さまの声

・リフォーム会社
 コンサルティング

・ハウスメーカー
 女性営業研修

実績/お客さまの声
実績/お客さまの声のご紹介
▲このページのトップへ