フレームワーク営業/人材育成 株式会社ベーシック代表プロフィール 会社概要 サイトマップ English
(株)ベーシック BASIC OFFICIAL SITE – フレームワーク営業/人材育成 田原祐子 弊社はおかげさまで今年創立17周年を迎えました。 お問い合わせ セミナー/研修開催までの流れ
代表プロフィールご紹介
*代表プロフィール Profile
代表プロフィール
田原祐子プロフィール

田原祐子 1959年生まれ。広島大学附属高校、関西学院大学卒業後、外資系人材派遣会社の教育トレーナー、住宅経営コンサルタントを経て、1998年に株式会社ベーシックを設立。

机上論ではなく、徹底した現場主義で、現場の実践指導から理論を組み立て、「暗黙知」を「形式知化」する「フレーム&ワークモジュール®」というメソドロジーを開発。 営業ノウハウ・ナレッジを体系立て、仕組み化・システム化して、クライアント内に自立・自走できる強固な売れる仕組みを構築して、人材育成と、実績向上に寄与する。人材や企業の強みを引きだし、やる気溢れる組織や人材育成に余念がない。
全都道府県で指導した会社は1300社以上、育てた営業マンは12万人以上にのぼる。
また、オール電化の売上を70倍にアップし、シェアを逆転させた陰の仕掛け人であり、一部上場企業や役員クラスのクライアントから絶大な信頼をよせられ、多くの販売戦略関連本社プロジェクトを手掛け実績を上げる。

2014年は、世界46カ国が集うICMCI(国際公認コンサルティング協議会カンファレンス-2014年ソウル開催-)にスペシャルゲストとして招かれ、フレーム&ワークモジュール®のノウハウと成功事例についてスピーチを行う。
2015年は、公益社団法人全日本能率連盟主催 第67回全国能率大会論文募集で、優秀論文に選ばれる。テーマは、「フレーム&ワークモジュール®」を活用した本当の意味の“働き方改革”~実績向上・時間短縮・人材育成・組織開発・ナレッジ共有化のためのアプローチ~」

著書には、『工務店経営「新5フォースバランスと11のポイント」』『住宅営業 そのやり方を変えましょう』『70倍自動化営業法』『あなたは、部下のやる気をなくさせていませんか?』など、計14冊がある。
プレジデント・宣伝会議・朝日新聞・毎日新聞等にも取り上げられ、連載等の執筆活動も精力的に行っている。

 

■ 略歴

1959年 広島県に生まれる
1977年 広島大学教育学部付属高校卒業
1982年 関西学院大学卒業
1990年 外資系人材派遣会社入社
1993年 住宅経営コンサルタント会社入社
1998年 ベーシック設立
2013年 CMC・マスター・マネジメント・コンサルタントに認定される
2015年 特定非営利活動法人日本HIS研究センターの理事に選出され就任

外資系人材派遣会社では、マーケティング営業スタッフとして現場の最前線で活躍。保険商品からテレマーケティングまで、いわゆる「売れないもの」を売る仕事に従事する。その後、現場に派遣するスタッフを育成するマーケティングセールストレーナーとなり、後輩を育てながら営業としての実績を重ねる。
この頃の経験が、今のビジネスのベースとなる。住宅経営コンサルタント会社では、大手ハウスメーカーの営業マン研修とコンサルティングを手がけ、オール電化の立ち上げにも参加。
その頃シェア1%であったオール電化を、現在では70%まで拡大させた。また、プロジェクトマネージャーも兼任。これまで培ったノウハウを集大成させるため、1998年(38歳)に独立。株式会社ベーシックを設立する。年間300日以上出張して、全都道府県の企業に営業コンサルティングを実施。
その数は、現在までに1,300社以上にのぼり、また育てた営業マンは12万人以上にのぼる。

 

■ 受賞・表彰・審査など

【資格】

  • 国際公認経営コンサルティング協議会認定CMC(Certifi ed Management Consultant)
    国際ライセンス番号CMC25020
  • 公益社団法人全日本能率連盟マスター・マネジメント・コンサルタント認定番号L-MCMC25022
  • GCDF-Japan キャリアカウンセラー(米国CCE,Inc.)、キャリアコンサルタント

【理事・会員など】

  • 一般社団法人フレームワーク普及促進協会 代表理事
  • 内閣府認証特定非営利活動法人日本HIS 研究センター理事
  • ICMCI 国際公認経営コンサルティング協議会認定CMC
  • 公益社団法人全日本能率連盟会員
  • 日本経営システム学会正会員
  • 人工知能学会正会員
  • ビジネスモデル学会正会員
  • 一般社団法人 全国住宅産業協会賛助会員
    (組織委員会委員・住生活女性会議委員・ビジネスネットワーク委員)
  • 日本女性エグゼクティブ協会JAFE 会員
  • 関学経済人会会員

【審査員など】

  • ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エレクトリック審査員
    2007・2008・2009・2010 年度(国土交通省、経済産業省後援)
  • 経済産業省委員(2014・2015 年)
  • 淑徳大学公開講座講師(2008 年)

【受賞など】

  • 2014 年ICMCI 世界カンファレンス(ソウル)で日本人として初めて発表
    “Frame & Work” Our proprietary consulting technique
  • 第67 回全国能率大会 優秀論文賞・全日本能率連盟賞受賞(2015 年度)
    「フレーム&ワークモジュール®」を活用した本当の意味の“働き方改革”
    ~実績向上・時間短縮・人材育成・組織開発・ナレッジ共有化のためのアプローチ~
  • 第68 回全国能率大会 優秀賞受賞(2016 年度)
    「フレーム&ワークモジュール®」メソドロジーを活用した一億層活躍社会実現、
    グローバル&AI時代の業務革新およびナレッジ蓄積型人材育成
    マネジメントシステム

 

■ 著書

営業、住宅・リフォーム・不動産、メンタル、仕事術など、これまで13冊の本を出版しています。

約20年間、組織・営業・人材育成・経営に携わってきた中で、クライアントの皆さまから寄せられたさまざまな悩みの解決法が、「書籍」という形で具現化しました。

2015年11月 『工務店経営「新5フォースバランスと11のポイント」』(新建新聞社)

2011年03月 『住宅営業 そのやり方を変えましょう』(実務教育出版)

2010年04月 『がんばりやのあなたをラクにするメンタルデトックス』(実業之日本社)

2009年02月 『あなたは、部下のやる気をなくさせていませんか?』(インデックスコミュニケーションズ)

2009年01月 『仕事で愛されて成功する方程式』(幻冬舎)

2008年11月 『70倍・自動化営業法』(中経出版)

2008年11月 『女性を味方につけたら、仕事は9割うまくいく』(学習研究社)

2008年06月 『「売れてる営業」がやっていること!』(すばる舎)

2007年12月 『女性パワーを活用すれば家は3倍売れる』(住宅新報社)

2007年10月 『家族の病気はあなたへのメッセージ』(総合法令出版)

2006年03月 『オール電化は魔法の杖』(日本電気協会新聞部)

2004年09月 『こんなに楽しいオール電化営業』(日本電気協会新聞部)

2003年11月 『女性客のハートをつかむ住宅営業必勝マニュアル』(実務教育出版)

2000年12月 『住まい選びにゼッタイ大成功する本』(あさ出版)

新5フォース300 住宅営業 そのやり方を変えましょう がんばりやのあなたをラクにするメンタルデトックス あなたは、部下のやる気をなくさせていませんか? 仕事で愛されて成功する方程式
70倍・自動化営業法 女性を味方につけたら、仕事は9割うまくいく 「売れてる営業」がやっていること! 女性パワーを活用すれば家は3倍売れる 家族の病気はあなたへのメッセージ
オール電化は魔法の杖 こんなに楽しいオール電化営業 女性客のハートをつかむ住宅営業必勝マニュアル 住まい選びにゼッタイ大成功する本  

 

■ モットー「輝く存在になる!」

ある企業で、誰かを見かけると、「おはようございます!」ととても元気のよい挨拶をする男性社員がいました。
遠くにいる人にも必ず大きな声で挨拶し、エレベーターの中では、一人一人全員に挨拶するほどの徹底ぶり。
そのうち、彼のニックネームは「挨拶男」になってしまいましたが、彼につられて他の社員の皆さんも、徐々に挨拶するようになり、半年後には、誰もが気持ちよい挨拶をする、とても明るい職場に変わっていったのです。
その後、彼は何度か転勤しましたが、彼の行く先では、たとえどんなに暗い職場も、いつのまにか明るく変わります。
やがて、彼は社内で異例の出世をして、部下をとてもうまく育てる、評判の上司になりました。
人の持つ力や影響力は、計り知れないほど大きなもの。
勇気を持って、職場や社会を変えていく「一人目の人」として、自らが輝く存在でありたいものです。

 

 

 

代表プロフィールのご案内

仕事を楽しく効率的にするヒント、営業力アップのポイントなどをお届けします!

(例)鈴木
(例)一郎
メールアドレス

(例)suzuki@example.co.jp
メルマガバックナンバー一覧
実績/お客さまの声

・リフォーム会社
 コンサルティング

・ハウスメーカー
 女性営業研修

実績/お客さまの声
実績/お客さまの声のご紹介
▲このページのトップへ