研修・講演/コンサルティング/エグゼクティブコーチング

研修・講演/コンサルティング/エグゼクティブコーチング

 

社外取締役について

アドバイザリー契約について

エグゼクティブ・コーチングについて

コンサルティング・プロジェクトについて

講演・セミナー・研修について

eラーニングについて coming soon

社外取締役について

田原祐子は、一般社団法人日本取締役協会取締役会、公益社団法人監査役協会、一般社団法人実践コーポレートガバナンス研究会、WICI-JAPANに所属し、企業価値向上に資するスキル研鑽に努めております。

・社外取締役として、田原祐子のスキルマトリックス

取締役会における、社外取締役の構成には、多様性が求められており、金融庁・経済産業省は【スキルマトリックス】の開示を推奨しています。

田原祐子の社外取締役としての『スキルマトリクス』 
1、人材育成・組織開発・教育・HumanCapitalマネジメント・HRテック
2、知的資本・知財・人的資本(社内の知的資本・暗黙知の形式知化ベテランのノウハウの可視化)
3、DX(システム開発企画、経産省DX委員の名古屋大学山本修一郎名誉教授と論文を発表)
4、女性活躍推進、ダイバーシティ&インクルージョン、多様性
5、 企業経営・マネジメント・組織開発・チームビルディング
6、営業(BtoB、BtoC)・営業開発・マーケティング・SFA・MAシステム
7、新規事業立ち上げに伴う、FC組織の立上げ、新事業普及拡大等

[解説]これまで多くの企業で、人材育成・組織開発・新規事業立ち上げ・営業戦略立案・営業人材育成・システム開発・マーケティング・ダイバーシティ等、さまざまなコンサルティングを手掛け、特許庁・経産省・環境省等から特命の研修・コンテンツ開発・ビジネスモデル選定委員・審査員等も務めました。
得意分野「人的資本・知的資本」は、未来を創る源泉となる、かけがえない無形資産であり、ESG投資やSDGsとも親和性が高く、今後ますます重要になってくると存じます。長く大企業の指導を手掛けた経験から、バランスと調和を重視し、守りと攻めのガバナンスのサポートができれば幸いに存じます。

現在、最も価値を感じていただいておりますのは、
その企業独自の事業ドメインの視点というより、「企業内にはない」視点の、以下3点です。

〇社外取締役としてバリューを発揮できる、3つの視点

1、「DX(Digital Transformation)の本質および、デジタルシステム活用」の視点

DXの本質を理解するには、経営全体・事業構成・ビジネスモデル・人的資本・知的資本を理解した上で、実際にシステムの経験が必須となります。
田原は、1998年に弊社設立以来、数多くのクライアントで、SFA、CRM、バーチャルリアリティーの企画・導入支援・教育指導に携わってまいりました。

また、社内に導入されているシステムが、うまく活用されていない、または、塩漬けとなっている状態を、フレーム&ワークモジュールを活用して、業務フローにうまく最適化させた事例も多くあります。
何より、人的資本・知的資本を活かすための、システムと、自社トップ・ミドル・ボトムすべてのステークホルダーが、納得して自分のナレッジ蓄積と成長のために、システムを使うことが、成功の秘訣となります。

DXに関する論文も、表彰されています。
第70回全国能率大会(経産省後援)優秀論文賞「フレーム&ワークモジュール®」メソドロジーを活用した日本におけるホワイトカラーの知的生産性向上、および課題と解決のためのアクションプラン~RPA,AIの導入を踏まえた、課題解決力・創造力向上のための具体的ステップ~

2020年10月には、経済産業省のDX・DXを加速する研究会委員の名古屋大学山本修一郎名誉教授と、フレーム&ワークモジュールとArchiMate(EA言語)の連携に関する論文『フレーム&ワークモジュール手法へのArchiMate適用法について』を、人工知能学会知識流通ネットワーク研究会にて発表しました。

2、「企業価値向上のための、知的資本・人的資本」の視点
~企業内の人・組織の暗黙知を形式知化し、DX時代の新規事業開発・データドリブンな人事戦略に役立てる~

コーポレートガバナンス・コード、伊藤レポート2.0において重視されている、企業の無形資産(インタンジブルアセット)についての視点

自社にある知的資本(知恵・技術・知財・暗黙知・ノウハウ・ナレッジ)・人的資本を、“モジュール化”して可視化しておくことが、新たな事業創造やオープンイノベーションをする上での鍵となります。
特に、Afterコロナ時代に、企業が大きくビジネスモデル・事業ドメインを再考し、パラダイムシフトしていくかを考える際、重要なポイントです。
IR情報としての、無形資産(非財務情報)については、昨今特に、すべてのステイクホルダー(投資家含む)から注目されています。
“モジュール化”により可視化された知的資本は、DXやAIとの親和性が高く、デジタル時代、最速で企業価値を高めることができます。

・自社の技術・ノウハウを活かし、新たな事業創造を成功させた事例
よく知られた事例としては、Fujiフィルム様がフィルム製造の技術の1つである、「保湿」を活かし、化粧品(アスタリスク)の製造に活かしたケースがあげられます。
自社の技術・ノウハウを活用して、フィルム自体が無くなるという危機に、美容事業に新規参入して成功する視点は、素晴らしいものです。
このように、自社の知的資本(知恵・技術・知財・暗黙知・ノウハウ・ナレッジ)のエッセンスをモジュール化・形式知化しておくことで、新規事業の立ち上げや、社内の他部門や他社とのオープンイノベーション・コラボレーションも容易になります。
その他の事例としては、スリーエム・ジャパン様が、自社の事業ドメインをモジュール化(弊社のそれより、かなり大きな括りのモジュール)しており、モジュールの掛け合わせで、新たな事業を創造し、自社のオープンイノベーションスペースを活用した他社とのコラボレーションによって、新事業を創発されています。

田原祐子の実績
1998年 弊社設立時より、実践的なナレッジ・マネジメントにより、クライアント社内の暗黙知を形式知化し、全社で共有できるスキームを構築。東証一部上場会社(電力会社・電機メーカー・住宅メーカー・住設建材メーカー等)で10年以上、新規事業(オール電化)の立ち上げを主導し、シェアを1%未満から、西日本で70%まで伸ばした。同時に、ナレッジ・マネジメントとフレーム&ワークにより、全社のナレッジを共有・蓄積・活用し、SFA-CRM(Sales force Automation- Customer Relationship Managementシステムの構築をサポート。他部門から営業開発・お客さま対応部門に着任した人材(マネジメント者・新人)が、即戦力となり、トップからボトムまで、風通しがよく、業務が完全に可視化され、強いチームができるしくみを構築した。

※経済産業省「先進的リフォームビジネスモデル選定事業」委員および、審査員(2014-5年度)
※特許庁・中国経済産業局  「特許開発につながる技術開発の見える化・人材育成セミナー」企画研修(2017年度)
※環境省  「新・湯治コンテンツ開発調査委託業務」(2018年度)
「新・湯治コンテンツモデル調査事業」(2019年)
※東京都「女性起業家を支援する TOKYO女性経営者メンター」(2019年)
「生産性向上、ワークスタイル変革コンサルティング導入支援」(2019年)
その他、ナレッジ・マネジメント、オープンイノベーション、人材育成、組織開発、営業戦略立案、ルートセールススキーム構築、新規事業スキーム開発、マネジメントスキーム構築、ショールーム受注スキーム構築、女性事務職の営業職への転換、女性活躍推進、ダイバーシティ、女性営業チームの育成等多数。

所属大学・学会等:
学校法人 先端教育機構 社会情報大学院大学 先端教育研究所 客員教授

日本ナレッジ・マネジメント学会【内閣府日本学術会議協力学術研究団体】理事
新産業革命(オープンイノベーション・AI・多様性)研究部会主宰
WICI-JAPAN[World Intellectual Capital Initiative]会員(非財務情報研究分科会所属)
日本経営システム学会 会員
ビジネスモデル学会 会員

該当ジャンルの論文発表等:
・1.Frame & Work ~Our proprietary consulting technique

2014ICMCI Conference in Seoul(ICMCI国際カンファレンス大会)日本人初の指名発表(2014年10月)

・「フレーム&ワークモジュール®」を活用した本当の意味の“働き方改革”
~実績向上・時間短縮・人材育成・組織開発・ナレッジ共有化のためのアプローチ
第67回全国能率大会(公益社団法人全日本能率連盟)全日本能率連盟賞受賞(2018年5月)

・AI時代の業務革新およびナレッジ蓄積型人材マネジメントシステム
~フレーム&ワークモジュール®メソドロジーの活用
日本ナレッジ・マネジメント学会第39回知の創造研究部会にて発表(2018年5月)

・企業の業務革新における「フレーム&ワークモジュール®」手法の有効性に関する研
~人材育成・組織開発・ナレッジ共有化のための新アプローチ (東北大学 長平彰夫教授と共著)
日本経営システム学会第56回全国研究大会にて発表(2016年6月)

・企業All-Denka ソフトイノベーション《成功事例研究・電力会社の業務革新》
~余剰電力の負荷平準化から発想と視点を変えたエコシステム&ビジネスモデルへの転換ビジネスモデル学会
2016年秋季大会において発表(2016年9月)

・「フレーム&ワークモジュール®」メソドロジーを活用した一億総活躍社会実現
~グローバル&AI時代の業務革新およびナレッジ蓄積型人材育成マネジメントシステム
第68回全国能率大会(公益社団法人全日本能率連盟)全日本能率連盟賞受賞(2019年5月)

・新規事業立上げ時におけるKWモデルを活用したナレッジマネジメント、2つの展開スキーム~‘マネジメントロール型’‘ナレッジ分析・蓄積型’の比較研究
日本経営システム学会第63回(2019年秋季) 全国研究大会において発表

該当ジャンルの著書:『こんなに楽しい!オール電化営業』『オール電化は魔法の杖』(電気協会新聞部)『70倍自動化営業法』(中経出版)
取材:『実績70倍!売りにくい商品が、なぜ売れるのか』(PRESIDENT)

 

3、企業本来の強みを発揮し、バランスを重視しながら、パラダイムシフトする複眼的視点
〜大手企業のイノベーションを手掛け、1500社の変革を手掛けた、調和を重んじる心~

大きな変革は痛みを伴うものです。20年来、全国の電力会社のオープンイノベーション、事業会社の新規事業の立ち上げを手掛けながら、着実な社内人材育成・組織開発も両立させてきた経験は、社内の流儀も重んじながら、全員合意のもとで改革を進める和を大切にする心と、女性ならではの細やかな見守る視点がポイントだと評価されてきました。
革新と従来からの強みのバランス、何より人と企業の、人的資本・知的資本を無限に活かし、新たな可能性の扉を拓いていきます。

現在、田原祐子は、東証一部上場企業2社の社外取締役を拝命しております。
弊社の事業メニュー、「アドバイザリー契約」でも、同様の責務を果たすことが可能です。(詳しくは、アドバイザリー契約をご高覧ください)

一般社団法人 日本取締役協会主催
第24回経営幹部のためのコーポレート・ガバナンス研修 修了証書

※クリックすると拡大します

 

日本取締役協会
受講修了証書(英語版)

※クリックすると拡大します

 

一般社団法人 日本取締役協会主催
社外取締役トレーニング 修了証書

※クリックすると拡大します

アドバイザリー契約について

守秘義務契約を結び、貴社のアドバイザリーとして、社内の強みを抽出・共有・蓄積して企業価値を高め、社内のマネジメント・人材育成・ダイバーシティ・営業力強化、ナレッジ・マネジメント全般について、アドバイスいたします。
Web等により、年間12回、貴社の会議に参加します。
(社外取締役業務の遂行と同様の形式で行います。また、現在、社外取締役を拝命している企業様と利益相反となる企業様との契約は、お請けできかねます)

エグゼクティブ・コーチングについて

企業と組織の潜在力を最大限に引き出すには、トップリーダーの力が不可欠です。
企業の価値を最大化するには、トップリーダーの力が重要なポイントです。
​特に、Afterコロナという、先が見通せない時代においては、強く、変化に耐えうるリーダーでなくてはなりません。

エグゼクティブコーチングは、
・エグゼクティブ・ビジネスコーチング
・課題解決型エグゼクティブ・ビジネスコーチング
・反復学習型エグゼクティブ・ビジネスコーチング
・アドバイザリーボードor社外取締役(コーポレート契約)

のサービスメニューをご用意しています。エグゼクティブコーチングサイトはこちらから

コンサルティング・プロジェクトについて

現在お請けしておりません。アドバイザリー契約・eラーニングをご検討いただければ幸いです。

講演・セミナー・研修について

☆ナレッジ・マネジメント関連領域

ISO30401(人的資本マネジメントファミリー、Knowledge Management Systemの国際標準に基づいた研修構成となっています。ナレッジマネジメントは、マネジメント関連の全ISOの必須項目です)

1、テーマ:「暗黙知を形式知化する!ナレッジマネジメントワークショップ」
形式:ワークショップ
対象:社内すべての部門、役職
内容:ベテランや仕事ができる社員の考え方や判断基準を可視化し、
業務改善・DXに活用可能な、フレーム&ワークモジュール法によって、
これまで見えなかった、企業内の暗黙知を形式知化します。

2、テーマ:ニューノーマル&DX時代の人的資本・知的資本マネジメント〜企業価値消滅の危機!~
貴重な人材のナレッジをいかに形式知化するか?目に見えない資産(人材・ノウハウ・スキル)は、企業競争力の源泉である。

形式:セミナー
対象:トップマネジメント・経営幹部・経営企画・IR担当者
内容:企業のトップ経営層の方々に知っておいていただきたい、人的資本・知的資本・無形資産の重要性
~伊藤レポート、人的資本・DXガバナンスコード、知的資本・知的資産・無形資産の視点からの考察

3、テーマ:「社内のノウハウを可視化し、人材を育成する具体的な方法」
形式:講座&実践ワーク
対象:人事部門担当者
内容:研修会社に頼らず、人事部門自らの手による、教育工学に基づいた社内マニュアルと研修の構成~インストラクション

4、テーマ:「仕事ができる人は、何を考えているのか?~あなたもできる人材になるための具体的ステップ〜」
形式:講座&実践ワーク
対象:新入社員・2年目社員・3年目社員
内容:できる人材をモデリングする、フレーム&ワークモジュールによる、ノウハウの可視化と、
誰でもできる、ノウハウ&ワークリストの作成手法修得研修

☆新入社員研修


“気づき・考える力’
を育み、‘自ら生産性を上げ’確実に成果を出す!生産性向上のための~新入社員研修

~自分自身の力で、教わった仕事を実践マニュアル(手順書)にできる!~
新入社員プログラム(事例) …教わった仕事を速やかに形式知化できるノウハウを習得
費用の目安:1日(Zoom)研修 50万円〜 ※正式な価格はお問い合わせください
受講人数の目安:最大 25名程度まで

☆3年目社員研修

“気づき・考える力’を育み、‘自ら生産性を上げ’確実に成果を出す!生産性向上のための~3年目社員研修
~自分自身の力で、3年間で修得した仕事を実践マニュアル(手順書)にできる!~
3年目社員プログラム(事例) …3年間でひと通り理解した仕事の暗黙知を形式知化し、次に入社してくる新入社員のためにマニュアル化する
費用の目安:1日(Zoom)研修
こちらは、自分自身の業務を見える化していただくため、一度に受講できる人数に限界があります
8名までは、60万円〜 ※正式な価格はお問い合わせください
それ以降は、ご相談させていただき、複数回に分けて実施する等の方法で実施します

☆マネジメント者研修

“社内の人的・知的資本を活用し、最大限の成果を発揮する社内全体のノウハウを可視化~マネジメント者向け研修
~現場の人的・知的資本を可視化し、事業を変革する!~ナレッジマネジメント“リーダー育成”講座(zoom研修)

〇概要
~暗黙知の形式知化による、生産性向上、人材育成、社内ノウハウの共有化・継承まで、迅速に成果が出せる、実践的なナレッジマネジメントを理解・習得できる講座です。社内の暗黙知を形式知化できPDCAを定着させるナレッジリーダーを育成します。

〇当講座の狙い
~さまざまな部門の暗黙知を形式知化できる、ナレッジマネジメントのKWモデルを習得
・業務をモジュール化し、フレーム化してナレッジを抽出・形式知化するため、再現性が高い
・一度、形式知化されたナレッジは、ワーク&KWPDCAによって、深化・進化し続ける
ナレッジリーダーのコーチングによって、初心者でも、ノウハウを容易に抽出可能
・一般的に、難しいと言われている、ナレッジマネジメントの、導入~継続~定着が容易に実現

〇当講座の特徴
・モジュール化・フレーム化がベースになっているため、システム・RPAAIとも親和性が高い
・メンバーシップ型である日本の働き方の根本的な課題を解決し、欧米のジョブ型を超える新しい働き方(テレワーク、モバイルワーク、ワーケーション、ジョブ制、ジョブレイヤー)を実現します
・部門間を横断した異動がある日本の職場で、未経験の職場の知識も形式知化され、理解できる
・形式知化されたナレッジは人材育成に活用でき、気づき・考える、課題解決型思考人材の育成実現

〇当講座によって得られる成果
・できる人材は、なぜ仕事ができるという暗黙知が、見える化・形式知化され、誰でも再現できる。
・全社員のナレッジを社内で共有するベースが構築できる。
・システム、RPA等がうまく活用できていないという課題解決につながる

〇プログラム

【午前】

1)テレワークの導入で、ナレッジを消滅させないために *講義
1.日本の強みを生かす、知的・人的資本経営の必然性
2.ナレッジマネジメントとは 何か
3.ナレッジマネジメントと、2つの発展形(事例研究)
4.個人や組織から、ナレッジを抽出する具体的方法【KW1次元モデル】

2)実践的ナレッジマネジメント基礎編 *実践ワーク
Step0 見える化・Step1 モジュール化・Step2 フレーム化Step3 ナレッジリスト化・Step4 ワーク& PDCA ナレッジコーチング

【午後】

3)実践的ナレッジマネジメント応用編 *実践ワーク
Step5 ナレッジ ミーティング・ Step6 データ蓄積

4) 総合演習
3K (経験、勘どころ・直感、コツ)を、形式知化する
判断の基軸を可視化する
※実践ワークは、一人、1部門とさせていただきます
※1社複数名参加の場合は、人数分の部門数のワークが可

【参考】 ナレッジ・マネジメントと人事考課の連動 *講義
ナレッジを蓄積するための、人事考課、CKO(Chief Knowledge Officer) のススメ実践的ナレッジマネジメント活用編
~オープンイノベーション(KW2・3次元モデル)新結合で知識を創造する・拡販モデルとナレッジマネジメント

〇費用の目安:1日(Zoom)研修
1名あたり 16・5万円〜 ※正式な価格はお問い合わせください

各研修ご希望の方は、ぜひお問い合わせください。

eラーニングについて

Coming soon

PAGE TOP