ふらここさま 働き方改革 第三回プロジェクト②

どんなクライアントさまのプロジェクトにおいても、何よりも素晴らしいと感じるのは、
モジュールマニュアル作成の段階で、それぞれ業務が見える化するプロセスで、
「これは私の得意分野」「これなら、あの人が得意」という、
メンバーの得意分野が自薦他薦でかなり明確になり、さらには、

「これは私がやります!」といった積極的な意見がどんどんでてくる点です。

この意識こそが、組織全体の結束を強めていきます。

さらに、フレーム&ワークモジュールマニュアルを作成するにあたり、
既存マニュアルでは明確にできていない点もはっきりとわかるので、
何を見直さなければならないのか、どこを深堀して決めなければならないのか、
さらには、「何を」「どう考え」どこを判断基準にするのかといった、
チームで業務を回すうえでは欠かせない重要ポイントとなる部分も組み込むことができます。

この日も、各チームでモジュールマニュアルを作成すると、
新たな課題が出てきましたので、次回のプロジェクトまでの宿題としなりました。

ここで、各チームの宿題を一部ご紹介いたします。

●検品・最終仕上げチーム内<結髪チーム>
髪をどの長さにすればよいのかなどが、暗黙知化されているため、明確な基準を社長さ
まとAさんで決め、明文化し、チェックリストをつくる。

●検品・最終仕上げチーム<木目込みチーム>
人形の顔の左右不対称、首付けなどに関する問題は、職人さんしか直せないため、
なぜこのようになったのかを職人さんに確認しつつ、
直すための方法を写真に撮って蓄積すること。

●経営企画部<経理チーム>
棚卸のやり方に現状ルールがないため、在庫の確認をしながら「何が、何個になったら、
何を、何個卸す」といったルールをつくり、10月までに表計算化すること。

など。

次回のプロジェクトではこれらの宿題を元に、
さらに実用性のあるモジュールマニュアルに落とし込んでいきます!
皆さまが、積極的に取り組んで下さり、とても良いモチベーションでプロジェクトが進行しています!

関連記事

  1. 人形工房ふらここさま 働き方改革プロジェクトスタート!
  2. ふらここさま 働き方改革 第三回プロジェクト①
  3. 人形工房ふらここさま 働き方改革 初回プロジェクトその②<課題と…
  4. 人形工房ふらここさま 働き方改革 初回プロジェクト③<キックオフ…

リアルタイムプロジェクト

PAGE TOP